「欲望産業(上)、(下)」高杉良/集英社文庫/集英社

内容(「BOOK」データベースより)

大手銀行の頭取候補・大宮紘平は意外にも系列のクレジット会社の社長に転出させられ、さらにそこでも経営方針を批判され、解任を通告された。憤懣やるかたない大宮に、消費者金融の大手「富福」のオーナー・里村栄一が、副社長のポストを用意して、スカウトに来る。新天地で存分に腕をふるう夢を見た大宮はその誘いに乗った。

2017/8/30読書開始、2017/8/31読了

内容(「BOOK」データベースより)

消費者金融「富福」の副社長に就任した大宮紘平はかつての人脈と豊富な経験をもとに、めざましく業績を伸ばしていった。しかし、カード事業進出への考え方の相違から、オーナー・里村栄一との齟齬が目立つようになる―エリート・バンカーの苦悩と挫折を重厚に描く企業小説の巨篇。

2017/8/31読書開始、2017/9/1読了

消費者金融「富福」社長の里村、そのダーティービジネスの相棒の高岡の傲慢・ずるさ・汚さが読みどころ。大宮は引き立て役。

広告
カテゴリー: 爺の読書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中